前へ
次へ

医療行為は非常に重い行為といえます

医師というのは医療行為ができる資格といっても過言ではなく、医師は大きく分けると臨床医と研究医と言う事になります。
一般的に医師といいますと臨床医をイメージすることが多いでしょう。
どんな病気を診てくれる医者なのかということは例えば内科であったり外科であったりということで素人でもある程度はわかりやすいということになるのですが、この専門性とはどこで決めるのか、と思うことでしょう。
実は医者というのは医療行為のほぼ全般をカバーしているということにはなっています。
つまりは、医師免許を取るときに内科であろうと皮膚科であろうと外科であろうとその全ての基本的な部分は学んでいるというのが医者になります。
想像できるでしょうがかなり幅広い分野で学ばなければならないということになります。
だからこそ、医師というのは極めて難しい資格であるとされているわけです。
医療行為とはそこまでした人でないと行うことは原則的に認められていないわけです。

Page Top